自費出版は書店に置いてもらえるのか?

自費出版の本は書店に置いてもらえるのか、といった疑問は多くの方が感じていることでしょう。せっかく出版するのですから、書店に置いてもらってどんどん販売してほしいというのが正直なところです。しかし、自費出版の書籍を書店に置いてもらえるのかというと、実際はそうでもないケースが少なくありません。

自費出版は書店に置いてもらえるのか

基本的には難しい

自費出版の店頭販売ですが、実は「難しい」というのが現状です。そもそも、自費出版を行う会社がそこまで販促活動に積極的ではないということが理由の一つ。そのため、なかなか書店には置いてもらえないことがほとんどです。基本的に自費出版は、個人で販促活動を行ったり、アマゾンで販売することがほとんどです。これらをきちんと把握してから自費出版を行うことが大切です。

売れる見込みがあれば置いてもらえることも

しかし、絶対に「書店に置いてもらえない」ということはありません。会社の方で「これなら売れる」と判断されれば、商業出版同様に置いてもらえることがあります。書籍のクオリティや内容、ジャンルによって左右されるので、前もって「売れる書籍」について調べておくと良いかもしれませんね。

自費出版を書店に置いてもらう方法

自費出版は基本的に書店に置いてもらえないことがほとんどです。しかし、それでも「書店に置いてほしい!」という方は多いでしょう。そこで、自費出版を書店に置いてもらう方法についてご紹介します。

「商業出版」と同じ扱いをしてくれる会社を選ぶ

自費出版を行っている会社によっては、自費出版を商業出版と同じように扱ってくれます。つまり、書店に置いてもらえるよう営業を行ってくれたり、既に契約している書店への流通経路があったりします。こうした会社は少ないのですが、探してみると実際に存在するので、どうしても書店に置きたい方はこうした会社を探してみましょう。

「コース」「オプション」などで書店への販促をしてくれる会社を選ぶ

自費出版を行っている会社の中には「コース」「オプション」などを設け、プラス料金を支払うことで、書店への販促活動を行ってくれるところも存在します。こうした会社は比較的多いですし、コースやオプションを設けていない会社であっても相談すれば対応してくれるケースもあります。上述したような、「自費出版を商業出版同様に扱ってくれる会社」が見つからない場合には、販促活動に関するコースやオプションを設けている会社に依頼したり、相談してみたりすると良いでしょう。

売れそうな書籍を作成する

最も手っ取り早いのが「売れそうな書籍を作成する」というもの。読者のニーズに一致するような書籍であれば、会社も「売れる」と判断してくれるため、積極的な販促活動を行ってくれます。もしくは、商業出版として販売してくれることもあるかもしれません。もちろん、会社の判断によりますが、書店に置いてもらうための近道は売れそうな書籍を販売することでしょう。

自分で書店に売り込む

最終手段としては「自分で書店に売り込む」というものがあります。書店の店長やオーナーに自分の書籍の魅力を伝え、しっかりとアピールしましょう。どのようなストーリーなのか、読者のニーズに合っているのかなどはもちろんのこと、書籍への熱意もしっかり伝えると、意外にも承諾してくれることがあります。ただし、無理に長居して頼み込んでいるとお店の迷惑になってしまうため、ある程度したら潔く引き下がりましょう。そして別のお店に売り込むことを検討してください。売り込みの文句として「一冊でも良いので!」というものがあります。「じゃあ一冊でもいいなら…」と首を縦に振ってもらいやすくなるので「ここぞ」の場面で使ってみましょう。