自費出版の出版社を選ぶポイント

自費出版のために原稿を書き上げても、どうやって売り出せばよいか困っていませんか?出版社によっては、商業出版ではなくても書店やWeb上で売り出すアプローチをしてくれます。これから自分で本を出す人は、出版社の選び方や特徴を知っておきたいところです。

自費出版の出版社を選ぶポイント

自費出版の出版社は、「総合出版社」と「自費出版専門社」の2つに大きく分けられます。総合出版社では自費出版と商業出版の両方を扱っており、講談社や小学館といった有名なところが目立ちます。一方、自費出版専門社は、その名のとおり自費出版のみを扱う出版社です。総合出版社よりも会社の規模が小さくなりがちですが、自費出版専門社ならではの魅力があります。

自費出版の出版社を選ぶポイントを項目ごとにみていきましょう。

費用面

自費出版専門の出版社のほうが、費用を安く抑えられる傾向にあります。逆にいえば、総合出版社のほうが費用がかかります。また、総合出版社のほうが売れる可能性は上がりますが、書ける内容に制限が多いのも特徴です。

出版社の種類(強み)

書籍に大手出版社の書名を使用できれば、ネームバリューにより宣伝しやすいでしょう。ネームバリュー以外にも、文芸社でいえば「全国の有名書店に必ず本が並ぶ」、スターツ出版では「著者の書きたいように書かせてくれる」といった強みがあります。
自費出版専門社では規定が比較的緩いため、他社で断られた原稿でも取り扱ってくれるかもしれません。

サポート面

編集者がいれば、書くこと以外の部分を幅広くフォローしてくれます。また総合出版社のほうが、編集サポートに優れている傾向にあります。
もちろん自費出版専門社でも、ベテラン編集者が担当につくケースがあるでしょう。ただし、自費出版専門社では商業用の出版を行っていないため、有名作品に携わった実績を持つ編集者に巡り合いにくいとされています。

販売方法(流通ルート)

書店でもWeb上でも、取次を介して流通に乗せなければなりません。出版社とは、流通ルートに乗せるために不可欠な存在です。さらに総合出版社のほうが、全国の流通に乗せやすいとされています。書店に平積みされる可能性も高く、有名作家と同じブースに並べば読者の目にもつきやすいはずです。

自費出版できる出版社

それでは、自費出版できる出版社を比較してみていきましょう。それぞれの出版社の魅力はどこか、どういうジャンルに特化しているかなどをご紹介します。

株式会社文芸社

https://www.bungeisha.co.jp/publishing/

15,000人以上の本づくりに携わってきたのが、文芸社の強みです。また出版後にも著者専用相談窓口があり、書籍の販売状況や広告掲載なども相談しやすい環境が整っています。ネット書店でも販売可能なため、電子書籍の自費出版を検討する方にもおすすめです。

丸善プラネット株式会社

http://planet.maruzen.co.jp/

本の街「神保町」にて出版個別相談会を行っている、丸善プラネット株式会社。小説やエッセイだけではなく、自分史・作品集・随想・随筆・ビジネス書など、幅広く手がけています。丸善書店やジュンク堂といった、全国の有力書店のネットワークも利用可能です。

株式会社幻冬舎ルネッサンス新社

https://www.gentosha-book.com/

株式会社幻冬舎ルネッサンス新社では、1冊の本ができるまでの過程がとてもしっかりしています。自費出版の問い合わせから始まり、ミーティング、編集、校正、流通・販売プロモーション、印税支払いまでサポートしてくれるのが特徴です。「圧倒的に質の高い編集力」を強みにしているため、ベテラン編集者が担当につく可能性が高いでしょう。絵本やライトノベル、実用書の出版もカバーしています。

株式会社暮しの手帖社

https://www.kurashi-no-techo.co.jp/

自費出版サービスは2000年から始まり、これまでに400冊以上の本を手がけてきた出版社です。無料で製作費を見積もってくれるだけではなく、出版後には「暮しの手帖」の誌面とウェブサイトで紹介してもらえます。実際に自費出版を行った著者のコメントも公開しているため、安心して依頼できる部分も大きいのではないでしょうか。詩集や画集、随筆といった分野の著書も多く取り扱っています。

株式会社パレード

http://www.p-press.jp/index.html

株式会社パレードとは、プロのデザイナーが在籍するデザイン製作会社です。出版事業にも乗り出し、Parade Books(パレードブックス)にて自費出版のサポートを行ってくれます。表紙絵に強いこだわりを持つ方にとって、おすすめの出版社といえるでしょう。さらに初稿提出後の1年間ならば、無料の修正対応を何度でも受けられるのが魅力です。

出版社によって、著者の思い通りに書かせてくれるところもあれば、編集者の修正がきっちり入るところもあります。どこを選べばよいのか迷ってしまうかもしれませんが、自分の性格に合いそうな出版社に決めてみてはいかがでしょうか?時間をかけて作り上げた原稿を、より満足のいく状態まで仕上げてくれそうな出版社を探してみましょう。